TOP  >  探偵業その他  >  探偵への依頼調査事項

探偵への依頼調査事項

探偵に依頼するかどうかを判断するのは調査依頼者自身になるのだが、その時まずは信頼のおける知人.友人に相談を持ちかけるようにしたほうがよい。その中に、優良な探偵社を知る人がいるかもしれないし、弁護士を知っている人がいれば、経由して探偵杜が紹介される可能性もある。

探偵社にはさまざまな依頼があるが、多い依頼は以下のようである。

①夫婦や、愛人関係にある人たちからの相手方の行動調査
いわゆる浮気調査。妻からのいらいだけでなく夫からの依頼も多い。また交際相に新しい愛人ができたかのでは、と疑って依頼に来る愛人も少なくない。

②居所・家出調査
時代背景によって原因は変わってくるが、たいていは金銭問題がらみである。

③犯罪調査
事件はケースバイケースだが、社員・アルバイトの業務横領に関する不正調査や、万引き調査などどが主流。調査を進めるうちに犯罪事件になるケースもある。

④個人・信用調査
商取引などに関して、データでは不明な個人の信用度の調査。

⑤子供の行動調査
両親からの依頼で、中高生の異性関係の調査が目立っている。40歳すぎの独身の息子を心配しての行動調査依頼もある。

⑥いやがらせ解明調査いじめ、ストーカー、近所での中傷、怪文書まで、種類をあげるとキリがないほどある。また企業からの依頼も多い。

⑦交際・結婚に関する調査
婚約しているが、ほかに恋人がいるという場合や、婚約者の素行など。また詐欺事件におよぶこともある

⑧役員・社員の動向調査
人事に関する資料や、営業マンの業務内外の行動調査が多い。

⑨盗聴器発見調査
会社・個人とも、ある情報が第三者に漏れている可能性があることから依頼がある。何らかのトラブルに巻き込まれて、盗聴されるおそれがある場合も。

⑩トラブル対策調査
突発的な事件の当事者になった時に、相手方H個人・企業の身辺を明らかにして対策を立てるための調査依頼。

⑪その他
ペット探しなど、ありとあらゆることが調査依頼内容となる。

探偵社へは、通常は相談のみなら無料で受けられるので、信頼のおける探偵杜が見つかったら、まずは自らが出向いてみることだ。

スポンサードリンク



« 探偵が刑事事件を扱う |  ページ TOP  | 探偵の日常生活 »